「第14回アジア・フィルム・アワード」 注目の日本映画勢が受賞!
アジア全域版アカデミー賞 「第14回アジア・フィルム・アワード」

注目の日本映画勢が受賞!


加瀬亮さん(『旅のおわり世界のはじまり』)最優秀助演男優賞受賞
HIKARI監督(『37セカンズ』)最優秀新人監督賞受賞

久連石由文さん(『蜜蜂と遠雷』)最優秀音響賞受賞


平素よりお世話になっております。10月28日(水)、今年初めて韓国・釜山にて行われた「第14回アジア・フィルム・アワード(以下AFA)」は、新型コロナウィルスによる状況を鑑み、Asian Film Award Academy の公式 YouTube チャンネル(https://www.youtube.com/asianfilmawardsacademy)にて受賞者が発表され、受賞者が喜びのコメントをビデオメッセージで寄せた様子が放送されました。日本からは、加瀬亮さんが『旅のおわり世界のはじまり』にて最優秀助演男優賞を受賞した他、HIKARI監督が『37セカンズ』にて最優秀新人監督賞受賞に加え、久連石由文さんが『蜜蜂と遠雷』で最優秀音響賞受賞に輝くなど、第32回東京国際映画祭「Japan Now」部門において出品された作品に関連した注目の方々が受賞いたしました。また、昨年『万引き家族』で最優秀作品賞を受賞した是枝裕和監督、また『孤狼の⾎』で最優秀主演男優賞を受賞した役所広司さんが、それぞれ今年の各賞の受賞者であるポン・ジュノ監督、イ・ビョンホンさんの発表をするという映像も流され、お祝いのコメントが寄せられました。
なお、本年は、2019 年のカンヌ国際映画祭パルムドールを受賞した注目作、韓国ポン・ジュノ監督の『パラサイト 半地下の家族』が最多 10 部門でノミネートされ、作品賞を含む4部門で最多受賞しています。

<加瀬亮さんコメント>
「この度「アジア・フィルム・アワード」で助演男優賞をいただきました。黒沢清監督、スタッフ、共演者、それから審査員の方々と映画を観てくださった皆様にお礼を申し上げたいと思います。この作品では男優たちは、主人公の葉子を孤立させる役割だったため、皆自分の仕事に徹して淡々とただ風景になじむようにしていた記憶があります。かなり見え方が静かな仕事でしたので、そのようなところにまで目をかけて評価をしてくださる方たちがいることにとても驚きました。今後の励みにしたいと思います。ありがとうございます。」


<HIKARI監督コメント> 「アジア・フィルム・アワードより、このような素晴らしい賞をいただき、感謝申し上げます。全く予想していませんでした。このような評価に、身が引き締まる思いとともに、大変光栄に思います。キャストやスタッフ、家族、多くの支援者の皆さん、そして主人公を演じた佳山明さんへ、感謝の思いを伝えたいと思います。この映画は、人々の心や意識を開き、外見の違いに関わらず、私たちは内面では同じということを描きたいと思い制作しました。誰もが愛や欲望、そして伝えるべき物語がある。必要なのはお互いに身を寄せ、耳を傾けることです。この映画が、皆さんがそうするきっかけになることを、切に祈っています。ありがとうございました。」


<久連石由文さんコメント>
「この度は、アジア・フィルム・アワード ベストサウンド賞をいただき、ありがとうございます。本当に光栄に思います。この賞を受賞できたのは、良い作品、監督に出会えたことと、キャスト、プロデューサー始め、各スタッフのお力添えがあったからこそだと思います。また、このような音楽映画で受賞できたことも、嬉しく思います。この度は、本当にありがとうございました。」


【本件に関するお問い合わせ】 東京国際映画祭事務局 プロモーショングループ tiff-press@tiff-jp.net
※現在東京国際映画祭事務局はテレワークになっております。お問い合わせはメールにてお願いいたします。